薄毛対策は年々進化している

会社設立時に必要となる定款

会社設立時には定款の作成が必要となります。

定款によって会社の運営や組織等を定める事によって会社の規則を表記する為です。

発起人は定款を作成した後、全ての発起人が署名及び捺印を行った上で認証を受ける事によって効力が発生します。

定款は原則として三部作成する場合が一般的です。

作成及び認証を受けた後は一部を公的機関の保管用に提出、一部は会社で原本保管、一部は会社設立時における登記申請用に公的機関へ提出する事になります。

定款に記載する事項は主に三種類あります。ここをクリック!会社設立 名古屋にアクセス!


一つは絶対的記載事項です。

内容は事業目的や本店所在地及び商号、会社設立時に出資する財産額、発起人の氏名と名称と住所等です。

必ず定める必要があります。

一つは相対的記載事項です。

定款に定める事によって効力が発生します。

発起人の氏名又は名称や会社設立によって発起人が受ける事が出来る報酬及び特別利益、取締役や監査役や会計参与等です。

一つは任意的記載事項です。

定款及び記載事項の効力に影響はない物の定款に記載する事によって法的手続き以外に変更する事が出来なくなります。